FC2ブログ

【勉強のヒント♪】志願変更するべきか

進むべきか引くべきか、それが問題だ。
…筒井です。

いよいよ、1月も最終日。
受験生のみなさんは、追い込まれてきている時期ではないでしょうか。

倍率も発表になったので、高い倍率の高校を受験する人の中には、
志願変更を考えている人もいるかもしれません。

志願変更をするべきかどうか……。
これは本当に迷います。
今は低くても、倍率の高い高校から受験生が流れてくるかもしれませんし、
逆に今は高くても、倍率の低い高校に受験生が流れる可能性もあります。
はっきり言って、わかりません。
もちろん、近隣の高校の倍率などを見て、
ある程度の予想はできます。
ただ、あくまでも予想の範囲です。

だから……。

わからないことに悩むのはやめましょう!

なかなか難しいかもしれませんが、
悩む時間があったら、
勉強をして入試で1問でも多く取れるようにするべき
です。

ただ、そうは言っても、模試の結果などでギリギリになってしまっている人は、
悩むと思います。

そんな時、次の2つのことを参考にしてみてください。

① 自分がその高校に受かることが、イメージできるか。
② 入試問題(過去問)6年分の自分の平均得点


①ですが、これ…意外と大事です。
私の場合、その受験生が伸びるかどうかを判断するとき、
意外とこのイメージを大切にします。

ひとつだけ具体例を挙げると……。
もうこの時期は、基本的に新しいもの(問題集など)に手を出すのはやめた方がいいです。
ここからは、今までやってきたことを確実にすることが大切ですし、
もうやらないことを決めた方が良い
と思います
(たとえば、正答率の低い問題に挑戦しようとするのは、
今の段階で、その問題を理解できていないのなら、やめた方がいいでしょう)。

この取捨選択ができていて、やると決めたことがほぼできているようなら、
私の中で基本的に「合格するイメージ」ができます。

もちろん、それ以外にも、その子の集中力であったり、
その志望校にかける気持ちなど、いろいろ判断材料はありますが、
そういうのを総合して、その子が「合格するイメージ」がわくかどうか、考えています。

②は、6年分解いてみて、その結果を志望校の合格者の平均と照らし合わせるだけです。

あと2週間で、各科目1問正解を増やせば、合計点が20点近く変わるはずです。
その範囲内であれば、厳しいかもしれませんが、
必死で頑張れば(具体的には、最低でも今の1.5倍以上の勉強をすること!)、
合格可能性はあると考えます。
現時点で、これ以上頑張るのが難しいようなら、
残念ですが、その志望校はあきらめた方がいいかもしれません。

もちろん、倍率や内申点などの要素もあるので、簡単には言い切れませんが、
参考にしてみて下さい。

このBlogを見てくれたみなさんの健闘を祈ります。
では、また!



ジャンピングアップスクール について、詳しくはホームページをご覧ください!

ホームページは コチラ です。
ホームページからお問合せをしていただくこともできます。

また24時間365日、Webで無料体験無料カウンセリングのご予約ができるようになりました。
数クリックで完了します!
web予約は、コチラからどうぞ!

スポンサーサイト



【勉強のヒント♪】模試の結果

寒サニ負ケズ、いんふるニモ負ケズ…筒井です。

さて、そろそろ模試の結果などが戻ってくる時期だと思います。

中には厳しい結果が出る人もいるかもしれません。
まずはその結果をしっかりと受け止めましょう
やりっぱなしが一番もったいないです。

ちょっと生々しい話になってしまいますが、
そもそも、安くない受験料がかかっているはずです。
受験料の中には採点代などが含まれていますが、
模試の問題というのは、
それだけ多くの人が関わって作られた問題
であり、
お金をかけて作られた問題(練られた問題)なのです。

そんな問題を軽く扱うのは、とてももったいないと思いませんか?

間違えた問題については、正答率を見て志望校に応じて、復習しましょう
(上位校を狙うのであれば、当然正答率の低い問題も復習する必要があります)。

復習する際にぜひやって欲しいのは、以下のことです。

間違えてしまった問題について……

① なぜ自分の答えは間違えなのかを考える。
② 正解を確認し、どうしてその答えが正解なのかを考える。
③ 同じ間違えをしないためには、どうすれば良かったのかを考える。
④一週間後くらいにもう一度、解き直す。

この4点をしっかりと行って下さい。

そして、この4点をしっかり行ったら、

「でも、模試はあくまでも模試だ」

と考えてください。

当たり前ですが、模試を作る人と入試を作る人は別人です。
学校の定期試験とは違います。
矛盾するように聞こえるかもしれませんが、しっかりと模試の結果を受け止めて復習したら、
気持ちを切り替えましょう。

1科目2問正解を増やせば、
5科目合計で30点くらい上げることが可能
です。
30点変われば、結果は当然変わると思います。

1科目2問正解を増やすことは、あと20日間くらいあれば、
簡単ではありませんが、なんとかなります。

このBlogを見てくれたみなさんの健闘を祈ります。
では、また!



ジャンピングアップスクール について、詳しくはホームページをご覧ください!

ホームページは コチラ です。
ホームページからお問合せをしていただくこともできます。

また24時間365日、Webで無料体験無料カウンセリングのご予約ができるようになりました。
数クリックで完了します!
web予約は、コチラからどうぞ!


【進路について】「志望校が決まらない」その2

暑い日が続いていますね。
最近、扇子を購入した…筒井です。


前回の記事で、進路のこと…「志望校は早いもの勝ちじゃない!」ということを書きました。
ちなみに前回の記事は、コチラです。

では、実際にどのように志望校を決めればいいのか、ちょっとアドバイスを書いてみたいと思います。

志望校を決める場合、3つのことを柱に考えて見ましょう。

1つ目の柱は、入学後に絶対に変わることのない部分もしくは
変えることが難しい部分です。

たとえば、高校の場所公立にするのか私立にするのかなどです。
人によっては、家から学校の距離が遠いと通う気持ちがなくなってしまうこともあると思います。

特に運動部に入りたい人は、あまり遠すぎると帰宅が遅くなって翌日が大変だと思います

しかも、学校の場所が変わる可能性はとても低いので、
あとで「やっぱり近い学校がよかった!」となっても、
手遅れになってしまいます。

校風などもそうです

たとえば同じ進学校でも、やはり高校によって雰囲気はちがいますし、
もちろん制服や校舎のキレイさなども違ってきます。

これは、実際に見学・訪問してみたり、調べてみないとわかりません。
3年間通う学校なのですから、自分自身が「通ってみたい」と思える学校を選ぶことは
とても大切
です。

2つ目の柱は、高校卒業後の進路との関係です。

たとえば、卒業さえできていれば、どんな高校からでも大学受験は可能です。

しかし、一人だけ周りと違うことをするというのは、やはり大変です。

大学進学の例で言えば、大学進学率の低い高校からでも、大学受験はできますが、
周りはやはり大学受験に向けての勉強をしていないと思います。
そんな中、一人だけ大学受験に向けて勉強ができるでしょうか?

逆も同じです。
自分は高校卒業後は就職したいと考えているのに、
大学進学率の高い高校へ入れば、
周りは受験勉強をしているので、そんな中、一人だけ就職活動をするのは大変だと思います。

また「大学へは行きたいけれど、受験勉強はちょっと…」という人は、
付属校や指定校推薦を狙うという方法もあります。
そのためには、卒業生の進路や指定校を調べておくこともとても大切です。

そもそも、どんな目的で高校へ行くのか、考えてみると良いと思います。

3つ目の柱は、現在の学力と性格との関係です。

高校生活では、勉強が付きものです。

そして、高校は中学校とは違い、高校によって学習レベルが大きく変わります

公立中学では、どの中学でも基本的には同じようなレベルの学習をします。
しかし、高校では高校によって、どの程度難しい学習するのかが、大きく変わってきます。
しかも、ほぼ毎日授業があるわけです。

そのため、その高校に入ってからきちんと勉強についてこられるかを試すために入試がある…とも言えます。

そして、基本的には同じような学力の人たちが入学してくるので、
中学では勉強が苦手だったのに、高校に入ったらトップクラスになった…というのも、よくある話です。
そして、その逆もよくある話です。

ただし、学力は自分の努力で、変えることはできます
そのため、本当に行きたい高校が見つかったなら、少なくとも年内は、
その高校を目標に頑張ってみると良いと思います。

あとは自分自身の性格次第だと思います。

自分にとって高い目標を持っていた方が頑張れる、あるいは低い目標だと怠けてしまう…という人は、
今の学力よりも上の高校を目標にした方がいいかもしれません。

逆に高い目標を持ってしまうと、やる気をなくしてしまうという人は、
まずは少し上くらいの高校を目標にしていみるとよいでしょう。

もしよかったら、参考にしてみてください。

では、また。




ジャンピングアップスクール について、詳しくはホームページをご覧ください!

ホームページは コチラ です。
ホームページからお問合せや案内のダウンロードもできます。

【進路について】「志望校が決まらない」その1

寒かったり暑かったり…体調管理に気をつけたい筒井です。

さて、中学校によっては、進路に向けた面談が行われているようです。

みなさんは、もう志望校は決まりましたか?

「なかなか志望校が決まらない」

そんな風に悩んでいる人、いませんか?

はっきり言いますよ。

志望校は「早い者勝ち」じゃないから!

焦る必要なんてないんです。


それよりも……

自分に合った高校を選ぶことの方が、

何倍も大切
 だと思います。

極端なことを言うなら、願書を出すときに本当に通いたいと思える高校が決まっていれば、
それで十分だとさえ思います。

ただし!

志望校が決まったとき、内申点不足で苦しむことはありえます

そうならないように、普段の勉強を頑張っておくことは大切です。

せっかく行きたい高校が見つかっても、内申点不足で受験をあきらめるのって、
すごく悲しくないですか?

そうならないように頑張っておきましょうね!

具体的な進路の決め方などは、また次回のBlogに書きます。

では、また。




ジャンピングアップスクール について、詳しくはホームページをご覧ください!

ホームページは コチラ です。
ホームページからお問合せや案内のダウンロードもできます。

神奈川県公立高校入試まで約1か月です!

さて、いよいよ入試まで残りが33日となりました(1月11日現在)。

不安の中、頑張っている人が多いのではないでしょうか。
でも、不安なのはみんな一緒です。

不安だからこそ、頑張れる!

そう思って、残り1か月を頑張りましょう!

もしも、今現在社会が苦手な人、過去問などで30~40点くらいしか取れない人は、
ぜひ、次の2つをやってみてください。

① 時差の問題
② 歴史(近現代)

この2つの分野は、得点効率の良い単元です。
うまくいけば、この単元だけで6点~12点は伸ばすことができます。

もし、この2つの分野が苦手な人は、
諦めずに頑張ってみてください。

あっ……。

他の分野をやらなくてもいいということではありませんからね!




ジャンピングアップスクール について、詳しくはホームページをご覧ください!

ホームページは コチラ です。
ホームページからお問合せや案内のダウンロードもできます。


プロフィール

ジャンピングアップスクール

Author:ジャンピングアップスクール
FC2ブログへようこそ!

がんばれ!受験生!
カウントダウンタイマー
がんばれ!海老名中学生!
カウントダウンタイマー
がんばれ!大谷中学生!
カウントダウンタイマー
がんばれ!今泉中学生!
カウントダウンタイマー
がんばれ!城山中学生!
カウントダウンタイマー
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ
最新コメント
来てくれた人